初心者でも月〇〇万円!狙えちゃう投資はこちら

【テクニカル分析】RSIの使い方・見方を覚えておこう♪

ゆ〜みん

どうも♪ゆ〜みん(@yu~min)です٩( ‘ω’ )و

 

前回オシレーター系のMACDについてご説明しましたが、今回はオシレーター系の中でもよく使われる『RSI』について説明していくよ♪

初心者さんも知識をして見つけておけば、取引に使う材料になるので、覚えようね٩( ᐛ )وそしてオシレーター系に慣れていきましょう。

✅RSIってなに??

RSIとは上のチャートの赤のラインのことです!

0〜100%の値で表現されていて、

  • 数字が100に近くほど買いの勢いが強い➡︎買われすぎ
  • 数字が0に近づくほど売りの勢いが強い➡︎売られすぎ
 

を表して、一般的にRSIが70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎという判断でOKです!

ゆ〜みん

%で見るだけだから簡単でしょ♪

見方は理解されたと思うのですが、弱点もあることを覚えておきましょう。

RSIは強いトレンドが出ると、30%や70%を超えたところで張り付いちゃって使い物にならいない時があるので気をつけながら、RSIの特徴を生かして使っていきましょう。

RSIでレンジ逆張りを狙う!

RSIでは買われすぎと売られすぎを見極めれます!

なので、基本的な取引の考え方は逆張りです。

買われすぎにの状態になったら売って、売られすぎの状態になったら買うという取引スタイルになります。

ただし、単純に逆張りエントリーをするという形だけだと、トータルで勝っていくことは難しく、RSIには張り付きという弱点があるので、その張り付きによるダマシを回避する為に条件をつけていくかが取引のポイントになります。

  • RSIが30%や70%を超えたタイミングでエントリーするのではなく、超えてから反転するのを確認するまで待つ、張り付きの可能性は低くなります!
  • 反転してから30%や70%のラインを割り込んだタイミングで待ってエントリーすることをおすすめします!
 

ゆ〜みん

RSIは単独もトレードできますが、他のテクニカルと併せて使うことが多いよ♪
【テクニカル分析】クロスが大事!MACDとは?

✅まとめ

今回はRSIについてご説明しましたが、RSIは他のテクニカルと併用して使われることが多く、補助のテクニカルとして、利用しやすいです♪

ゆなちゃん的にはRSIのイメージは、トリートメントっていうよりかは、シャンプーとコンディショナー。w

RSIをうまく使えば初心者さんでも広い戦略が取れるようになってきますので、RSIの性質をしっかり理解して、他のテクニカルと上手に併用していきましょう٩( ᐛ )و

 

 

 


FXゆなちゃん公式ツイッター

では、今日はこの辺にしておきます!

また更新していきますのでゆ〜みんブログをまた見にきてね٩( ‘ω’ )و

明日もお仕事頑張ります!!
ツイッターも更新しているので
チェックよろしくです♪

それでは次回もみてくださいね〜〜〜♪

ゆ〜みん

じゃんけんぽん✊w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です